many blister pack near thermometer

アモバンとルネスタの違い

アモバンとルネスタは睡眠薬の中でもよく使用される種類となっています。両者の違いは苦味と作用時間にあります。アモバンを改良したものがルネスタであり、より服用しやすく、長い時間眠りに就けるようになっているのです。

a blister pack lost four drugs

睡眠薬のリスク

医師から処方された睡眠薬は安心して服用することはできるかと思います。しかし、何度も服用を続けていると、耐性や依存症のようなリスクとされる症状が出てしまう可能性もあります。そんな場合は焦らずまず医師に相談してみましょう。

red drugs sort of X sign

自覚と正しい治療

まず何と言っても不眠症であることを自覚することが大切です。不眠症であることがわかっていれば、医療機関に通って睡眠薬を処方してもらうこともできますし、しっかり治療することもできるでしょう。

不眠症の種類

white drugs in black color

自身が不眠症だと自覚している人はどのくらいいるでしょうか。
多くの人が認識している不眠症はおそらく「なかなか眠りに就けない」というものでしょう。
これは入眠困難と呼ばれる不眠症ですが、実はこの他にも種類があるのをご存知でしょうか。
入眠困難の他にも3種類の不眠症があり、それが中途覚醒、早朝覚醒、熟眠障害です。
中途覚醒は、眠りには就けるものの、何度も頻繁に目が覚めてしまう症状のことです。
早朝覚醒は、予定している起床時間よりも早く目が覚めてしまい、なおかつ寝直すことができない症状のことです。
そして熟眠障害が、しっかり寝たにも関わらず、熟睡した感じがないという症状です。
このように不眠症には4種類の症状があるのですが、入眠困難以外の不眠症を知らない人も多く、自覚していないというケースが多いのです。

充分な睡眠が取れていない状態だと、集中力が散漫になったり、頭が働かなくなってしまうため、仕事や日常生活に支障をきたしてしまいます。
まだミスをして怒られるだけならいいですが、最悪の場合、不注意によって事故に巻き込まれてしまうなどの危険もあるのです。
そのため、不眠症はいち早く改善すべき症状なのです。

不眠症を治療するためには一般的に睡眠薬を用いた薬物療法をとることが多いです。
睡眠薬はドラマなどの演出から、すぐさま眠りに入って当分目が覚めなくなる危険な医薬品だというイメージがあります。
しかし、実際の睡眠薬はそうではなく、充分な睡眠を取るためのサポートをしてくれる、優秀な医薬品なのです。
アモバンやルネスタといった種類の睡眠薬が有名で、実際に治療に用いられることも多くなっています。